今、広島で仏教を学ぶ

明治時代、宗学を学ぶことができたのは、経済的理由で寺院後継者に限られました。

そこで、誰もが負担なく浄土真宗の教えを学べるようにと、安芸の僧侶・お同行の尽力により創立されたのが真宗学寮です。

百数年経った現在、真宗学寮は授業料不要という建学の精神が受け継がれています。

また、併設する仏教学院も少ない負担で勉強していただけるよう授業料が低く定められています。

真宗学寮

真宗学寮は、専門的な真宗学、仏教学を無料で学べる機関です。

明治39年(1906)5月の創設以来、「誰でも宗学が学べる研鑽道場」という初代学頭 高松悟峰(ごほう)和上の理念により、無料で受講できるという体制が貫かれています。 どなたでも専門的な宗学を学んでいただけます。

授業料無料。入学は常時受け付けています。

 

広島仏教学院

本山から認可を受ける、浄土真宗本願寺派僧侶および教師育成の学校です。

仏教学、真宗学、勤式(読経や作法)など、基礎から仏教、真宗に関する幅広い分野を、負担少なく学ぶことができます。

(仏教学院の特典:得度考査の免除、得度習礼講習会修了証の授与。および卒業後、教師授与申請の資格) 

平成29年度入学願書受付中!(4月5日必着です)


広島仏教学院で学んでいただくために

低く定められた授業料

広島仏教学院では、少ない負担で勉強していただけるよう授業料が低く定められています。

入学料・入学手数料85,000円、授業料72,000円

※聖典、テキスト購入の費用が別途必要です。(4万円程度)

聴講制度

時間を選んで、より負担少なく勉強いただけるよう広島仏教学院では聴講の制度を設けております。布教使を志すため改めて教学を学びたいという方や、退職後、浄土真宗の教えを初歩から学びたいという方など、広く門戸を開いています。

(聴講料 年間40,000円:開講している全ての授業を受けることができます)

※聖典、テキスト購入の費用が別途必要です。(全科目受講の場合4万円程度)

寄宿施設

真宗学寮内には、遠方の方にも学んでいただけるように寮棟があります。

全室個室(エアコン完備)

共有施設として自炊用の食堂、ユニットバス、洋式トイレなどが完備。定員8名

寮費12,000円/月(別途光熱費)


行事・法要のご案内

創立記念講会・報恩講

6月1日~5日、10月1日~5日(1日朝席~5日昼席まで)

法要、特別講演、布教、会読※1 、ご示談※2 等

※1会読とは、問答形式で聖典を読み、理解を深めることです。現在この会読がなされているのは、本山・行信教校など限られた機関しかありません。

※2御示談(ごじだん)とは、教学などの質問に対し、応えること。事前に寄せられた質問に対して聴聞者の前でお応えします

・聴聞はどなたでも可能です(事前予約不要)

・懸席は法衣を付けた方に限ります(事前申込必要)

・希望者は講堂に宿泊することができます(事前予約布団代必要)

広済会法座

毎月1日~3日(1・2・6・10月を除く) 

朝席9:00~ 昼席13:30~(1日朝席なし)

 

聴聞はどなたでも可能です(事前予約不要)。

お気軽にお越しください。


このほか特別講座等を不定期で開催しています。下記新着情報やFacebookなどで随時ご確認ください。

新着情報


11月広済会のご案内 

Facebook



(Wkipedia「高松悟峰 」「真宗学寮」の項目は当サイト管理者が2013.4.19に記入 )